ダウンジャケット:ダウンジャケットの手入れ選び方 

ダウンジャケット

Sponsored Link

冬のファッションの定番ダウンジャケット
ダウンジャケットとは、いったいどういうファッションアイテムなのでしょう?
ダウンジャケットは、ガチョウやアヒルなど、水鳥の羽毛(ダウン)を中綿に使用した防寒着のことで、一般的にジャンパースタイルのものをいいます。
ジャケットの表面は、通常ナイロンを素材とした生地がキルティング加工されており、その内部にはダウンが詰められていて、寒い気候のなかでもこのダウンの優れた保温性により、体温の低下を防いでくれるのです。

暖かさの秘密はダウンボール
高品質の羽毛を使用したものは、水鳥の胸の部分にある、一羽から数十グラムしか取れない貴重な羽毛(ダウンボールと呼ばれる)が使用されており、このダウンボールが中につめこまれたものは、軽く、柔らかな感触でごわつき感がありません。

ダウンジャケットの歴史
ダウンには、その特徴である保温性に加え、体から出る汗を放出させる特性があり、さらに軽量であるため、もともとダウンジャケットは、寒冷地での野外活動に適した作業用防寒服だったのです。

日本では1980年代に、アメリカ空軍パイロットの防寒着をモチーフとした衣料がヒット商品となり、広く普及したそうです。
現在では、デザインやカラーもファッショナブルになり、タウンユースとして、冬場のファッションには欠かせない定番アイテムのひとつになっています。

SMAPの木村拓哉氏をはじめ、人気俳優達が着用していたことで、レディースのみならず、メンズのダウンジャケットも大変な人気です。

また、現在はダウンウェアの大御所であるモンクレールやファッションブランドのバーバリー、アウトドアブランドのノース・フェイスパタゴニア、リーズナブルで機能的なユニクロなど、アウトドアメーカーだけでなく、多くのブランドが高品質で様々な機能やデザインのダウンジャケットを数多く市場に送り出しています。

進化してゆくダウンジャケット
昔は、ダウンジャケットといえばごわごわしたイメージがありましたが、今ではすっきりとしたシルエットのデザインも多く採用され、とてもファッショナブルになりました。デザインだけではなく、ダウンジャケットそのもの、中綿の羽毛やキルティングにも最新の技術が取り入れられ、ハイブリッドダウンと呼ばれる物が登場したり、表面の生地も羽毛が飛び出しにくく、丈夫で軽い新素材が使われるようになってきました。

このように、軽さはそのままで、さらに暖かく、丈夫でデザイン性にとんだダウンジャケットが、ウインターシーズン定番ファッションとして、今後も展開されてゆくでしょう。

ダウンジャケット

Sponsored Link


検索ボックス
カスタム検索
SponsoredLinks

軽くて暖かなダウンジャケット。

その軽さの秘密は中綿の羽毛にあります。

しっかりとメンテナンスすれば、末永くそのダウンの保温性を保つことが出来ます。

そんなアウターの定番ともいえるダウンジャケットの手入れの仕方を紹介しています。

SEO

Sponsored Links
サブコンテンツ
Powered by さくらのブログ