ノースフェイス:ダウンジャケットの手入れ選び方 

ノースフェイス

Sponsored Link

ザ・ノース・フェイスの創業は、1968年カリフォルニア州バークレーで、スリーピングバックの製造をはじめたことからでした。

しかし、まだ無名だった小さなブランドが作り出すスリーピングバックは、その品質の良さから人々の話題を集めたのでした。

ノース・フェイスのスリーピングバックには、高品質とされるグースダウンが使用されていました。また、素材のよさだけではなく、生産過程での品質管理が徹底したもので、そのために多くの高品質な製品を市場に送ることが出来たのです。

さらに人々の関心を集めたのが、その製品が何度まで耐えられるかということを明記した、「最低温度規格表示」を、製品上に明記したことでした。その当時、こういった製品についての情報をオープンにするということは極めてまれであり、ノース・フェイスの自信の表れともいえるこの表示は、驚きをもって人々に迎え入れられたのです。

それは、現在もノース・フェイスのダウンジャケットには、表から見える位置にフィルパワーの数値が、縫いつけて明記されていることからもわかります。

そして時代はヒッピー全盛期。自由なライフスタイルを求める彼らに、ノース・フェイスの作り出すスタイルが受け入れられ、バックパッキングブームの流れにも乗り、ノース・フェイスはアウトドア好きな若者たちの定番的なブランドとして成長してゆくのです。

創業の翌年には、ダウンパーカの原型とされるシェラ・パーカを発表、そして1975年に、世界初のドーム型テント、1976年には、世界初のフレームパックを発表するなど、アウトドア界に革新的ともいえるアイテムを生み出してきたのです。

ザ・ノース・フェイスは、世界的なアウトドアブランドへと成長しただけではなく、今後も様々なアイテムを世に送り出し、進化してゆくことでしょう。

ダウンウェアブランド

Sponsored Link


検索ボックス
カスタム検索
SponsoredLinks

軽くて暖かなダウンジャケット。

その軽さの秘密は中綿の羽毛にあります。

しっかりとメンテナンスすれば、末永くそのダウンの保温性を保つことが出来ます。

そんなアウターの定番ともいえるダウンジャケットの手入れの仕方を紹介しています。

SEO

Sponsored Links
サブコンテンツ
Powered by さくらのブログ